赤ニキビと黄ニキビと紫ニキビ

赤ニキビと黄ニキビと紫ニキビ

赤ニキビ(炎症ニキビ)

詰まった毛穴の中で炎症を起こしてしまい、赤く腫れている状態です。
この状態にまでなると、痛みが生じることもあります。
こうなると、さすがにこれまでのような“自然に治るニキビ”という考えはなくなるでしょう。

 

 

白ニキビを放置してしまうことで、毛穴の中でアクネ菌が増えてしまったことが原因です。
詰まった毛穴の中で、皮脂などの油分をエサにアクネ菌がどんどん増殖していきます。
アクネ菌は誰にでもある菌で、本来の役割は肌のバランスを整えることです。

 

 

しかし、増えすぎることが原因で炎症を引き起こしてしまいます。
この状態になると、重症化した皮膚炎と考えた方がいいようです。
ニキビ跡になる恐れも高くなるので、少しでも早く治すようにしましょう。

 

 

↓これが赤ニキビの画像です。
 

 

ちなみに、赤ニキビの正式名称は“赤色丘疹(せきしょくきゅうしん)”と言われています。

 

 

※丘疹とは?
皮膚疾患などで出現する皮疹の一つ。
表皮のみ、真皮のみあるいはその両方が肥厚する場合がある。
ノミアレルギー、蚊の刺咬後、天然痘の初期などにおいて認められる。

 

 

黄ニキビ(化膿ニキビ)

赤ニキビがさらに悪化したことで毛穴周辺の組織が壊され、炎症が広がっている状態。
毛穴に収まりきらなくなった内容物が周囲の組織にまで漏れ出ている上、膿を持ってしまっています。
炎症が表皮の奥にある真皮層まで届いているため、跡が残る可能性が高いです。
この状態が長引くと、治療後も凹凸(クレーター)や色素沈着が残ってしまう恐れがでてきます。

 

 

黄色く膿を持つ状態にまで達すると、痛みもでてきます。
この段階までいくと、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌までもニキビに入り込んでしまいます。
これらが増殖しているため、炎症が一気に拡大していく場合が出てきます。

 

 

この状態まで行くと、少しでも早い治療が必要になります。
そうしなければ、悪化がひどくなっていく恐れがあります。
また、黄ニキビを自分で潰してしまうと、ほぼ確実にクレーターのような痕が残ってしまいます。
ですから、この状態になってしまったときは、絶対に触ってはいけません。

 

 

↓これが黄ニキビの画像です。

 

ちなみに黄ニキビは別名“膿疱(のうほう)”と言われています。

 

 

※膿疱とは?
皮膚疾患などで出現する皮疹の一つ。
水疱の内容物が膿(壊死した白血球を主とする)の集合体で粘性がかなり強いもの。

 

 

紫ニキビ(結節性ニキビ)

赤ニキビがさらに悪化した状態が紫ニキビです。
ニキビの最終段階ともいわれ、もっともひどい症状のニキビです。
内部に血と膿が溜まって赤紫色に腫れあがっている状態です。
ニキビとはいえ、ここまで悪化してしまえば重度の皮膚炎と捉えるべきです。

 

 

紫ニキビを触ると、しこりのようなものがあります。
これはニキビの中に大量の膿と血が溜まっているからです。
ですから、ニキビを潰してしまうと、中から黒い血と膿がいっぱい出てきます。

 

 

赤ニキビと同じように炎症しているとはいえ、紫ニキビのときはいっそう皮膚の奥で炎症しています。
ひどいと真皮層にまで達しているときがあります。
真皮層ではターンオーバーができないので、傷つけてしまうと間違いなくニキビ跡として残ってしまいます。

 

 

この状態までなってしまうと、治療後もニキビ跡が残ってしまい、その治療もする必要がでてきます。
こうなっては自力のケアなどでは治せないので、1日でも早く医療機関を受診することが第一です。
間違っても潰そうとしたり、民間療法による治療を行ったりしてはいけません。
下手に触ってしまうと、ニキビ跡が大きく残って、一生ものになってしまうかもしれません。

 

 

↓これが紫ニキビの画像です。
 

 

ちなみに紫ニキビは別名“嚢腫(のうしゅ)”と言われています。

 

 

※嚢腫とは?
皮膚疾患などで出現する皮疹の一つ。
腺組織の腫瘍のため、腺管の出口がふさがれて袋のようになり、中に多量の液体がたまったもの。

 

 

赤ニキビと黄ニキビと紫ニキビの治し方について詳しく知りたい方は
「赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビの治し方」のページを合わせてお読みください。

 

 

>>次ページ「思春期ニキビと大人ニキビ」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る