ニキビを悪化させてしまう食べ物、飲み物

ニキビを悪化させてしまう食べ物、飲み物

ニキビのできる一つの原因として、食生活があります。
偏った食事ばかり口にしていると当然ニキビになります。
外的要因よりもこういった内的要因の改善を優先しないといけません。
そうすることで、ニキビのできにくい肌質に変えていくのです。

 

 

まずは、どういった食事がニキビを悪化させてしまうのか確認してください。
そして、そういった食事を極力避けるようにしましょう。

 

 

揚げ物

血液の中性脂肪の量が増加することでる皮脂の分泌が過剰になります。
また、毛穴を塞ぎニキビのできる原因となってしまいます。
時間が経って酸化してるところにも原因があり、ナッツ類などはニキビができやすいです。
ちなみに、オレイン酸やリノレン酸などの良質な油は肌に良いです。

 

 

炭水化物

過剰摂取を控えることで、ニキビができにくくなります
炭水化物は胃に消化されると糖分になり、分解され皮脂になります。
すると、皮脂は過剰に分泌され毛穴を詰まらせます。

 

 

甘い食べ物

ケーキ、チョコレートなどを食べると、糖分を分解するためにたくさんのビタミンを使います。
すると、糖分を分解するためのビタミンが不足してしまいます。
分解するためのビタミンがなくなると、糖分はそのまま吸収され、脂分が過剰摂取されます。
その結果、皮脂の過剰分泌がはじまり、ニキビのできやすい肌質になってしまいます。

 

 

辛い食べ物

唐辛子に含まれるカプサイシンは、脂肪燃焼に効果があります。
脂肪燃焼に効果があると言って食べすぎると、刺激物は内蔵に負担がかかります。
それが、ニキビの原因になるので控えましょう。

 

 

海藻類

海藻類は、ミネラル分がたくさん入っていて、身体に良い食べ物です。
ですが、たくさん摂取すると皮脂線から排出されてしまいニキビのできやすい体質になります。
ですから、身体にいいとはいえ、過剰摂取しないようにしましょう。

 

 

アルコール類

アルコールには糖分がたくさん含まれています。
なので、甘いものと一緒で、アルコールを分解するときにビタミンを使います。
ビタミンを使いすぎると、ニキビができやすくなってしまいます。
アルコールをたくさん飲まれる方は控えるように心かけましょう。

 

 

いかがでしょうか?
これらの食事を摂っているでしょうか?
こういった食事を多くされている方は今すぐ改善する必要があります。
食生活を変えていくことで、ニキビ肌も改善されていきます。

 

 

>>次ページ「紫外線がニキビに与える影響」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る