ニキビとアロマの関係性

ニキビとアロマの関係性

ニキビとアロマが関係あるのは知っていましたか?
おそらくあまり関係ないと思っている人が多いはずです。
というのも、アロマは香りを楽しむものって思っているからです。
ですが、アロマを活用することで、ニキビに良い効果を与えられます。

 

 

アロマオイルには香り以外にも、鎮痛作用や強壮作用、殺菌作用などがあります。
エッセンシャルオイルは植物の油胞から抽出されるオイルです。
濃縮されたオイルでは、皮膚には刺激が強すぎるので基本的には直接塗布はできません。
しかし、エッセンシャルオイルの中には直接塗布できるくらい皮膚に優しいものがあります。
また殺菌消毒剤として使えるほどの効果を持つオイルもあります。

 

 

ニキビに効果のあるアロマオイル

ラベンダー

鎮静効果があるので、リラックス効果があります。
仕事やプライベートでのイライラで、脳内が興奮状態で眠れないときがあります。
そういったときに気持ちをほぐしてくれ、深い眠りにつくことができます。
強い殺菌作用があり、ニキビのアクネ菌に対して有効です。

 

 

ティートリー

免疫力を高める効果があります。
ラベンダーと一緒で、強い殺菌作用があり、ニキビのアクネ菌に対して有効です。
乾燥が強まる季節、風邪の感染予防としても使えるオイルです。

 

 

サンダルウッド

穏やかな鎮静作用があります。
皮脂分泌のバランスを調整してくれる作用もあります。
ニキビそのものの鎮静化につながります。

 

 

クラリセージ

女性ホルモンの“エストロゲン”と似た作用があると言われています。
月経周期の乱れや更年期の不快な症状を緩和させるなどして、ホルモンバランスを整えてくれます。
この他にも、皮脂バランスを調整する作用もあり、ニキビへの効果が期待できます。

 

 

フランキンセンス

乳香とも呼ばれるこのオイルは、当時非常に貴重なものだったそうです。
シミやしわに効果があるといわれ、漢方生薬としても使われています。
ドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果があります。
脳梗塞や心筋梗塞の予後に使われています。
ニキビ後の凸凹肌やニキビ跡のシミに対して効果があります。

 

 

マンダリン

交感神経を鎮静する作用があると言われ、リラックス効果があります。
また、皮膚の軟化作用があり、肌を滑らかに整えてくれます。
抗菌作用もあるため、ニキビへの効果も期待できます。

 

 

ニキビとアロマの関係性のまとめ

ニキビに効果のあるアロマオイル

・ラベンダー
・ティートリー
・サンダルウッド
・クラリセージ
・フランキンセンス
・マンダリン

 

 

以上のアロマオイルがニキビに効果のあるものです。
生活習慣を改善してもニキビが中々良くならない。
ニキビやニキビ跡などひどい状態になっている。

 

 

そういったときにこのアロマオイルを試してみるといいかもしれません。
精神的なアプローチからニキビの改善に努めてくれます。
同時に自分自身の精神安定にもつながります。

 

 

>>次ページ「ニキビができやすい肌質」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る