ニキビができにくい日焼け止めの仕方

ニキビができにくい日焼け止めの仕方

夏になるとやっぱり紫外線対策は欠かせません。
対策をしっかりしていないと、肌を守ろうと角質が厚く硬くなる過角化が起きます。
過角化が進むと毛穴が塞がってニキビができやすくなります。
その肌は抵抗力が弱いため炎症や悪化を起こします。
また、紫外線は肌の水分を蒸発させるため、バリア機能を低下させます。

 

 

日焼け止めを塗るうえで知っておかないといけないのは“PA”“SPF”です。
まずはこれらについて説明していきます。

 

PA

肌の深部まで到達するA波(UVA)を防ぐ指標です。
「PA+」「PA++」などの数が多いほど効果が高くなります。
A波は肌の奥にあるコラーゲンを破壊するので肌トラブルや老化の原因になります。

 

 

SPF

肌表面に影響を与えるB波(UVB)を防ぐ指標です。
「SPF15」「SPF30」など、数値が大きいほど効果があります。
B波は日焼けの直接の原因になります。
数値が大きいほどUV対策には有効ですが、肌への負担も大きくなります。
特にSPF50以上のものは紫外線吸収剤が含まれている場合が多いので、ニキビ肌にはよくありません。

 

 

日焼け止めの選ぶポイント

次に日焼け止めの選ぶポイントを説明していきます。
ポイントをチェックして、選ぶ際の基準にしてください。

 

PA、SPFの選ぶポイント

PAの「+」の数値が高くなると紫外線防止の効果があがります。
この数値が高すぎると肌に負担がかかります。
ですから、PA++のものを目安に選びましょう。

 

 

SPFの数値は紫外線から守られる時間を表しています。
SPF20のもので個人差はありますが、約6時間守ってくれると言われています。
単純にSPFが10ならその半分、SPF40ならその倍の時間ということになります。
やはりこれも数値が高いと肌に負担がかかります。
ですから、SPF20ぐらいのものを目安に選びましょう。

 

 

いくら肌に害がある紫外線を防ぐためとはいえ、肌に負担のかかるものを使っては意味がありません。
SPF20、PA++のものを選ぶようにして、こまめに塗るようにしましょう。

 

 

紫外線吸収剤が入っていないもの

紫外線吸収剤は「アレルギー等の皮膚障害を引き起こす恐れのある成分」として、旧表示成分に指定されています。
この文章を読んだだけで分かると思いますが、こんな成分が入っているものを使ってはいけません。
これはニキビだからとか関係なくこの成分が危険です。
ですから、紫外線吸収剤が入っているものは絶対使わないようにしましょう。

 

 

無香料、無着色

日焼け止めを塗ることがそもそも肌に負担をかけてしまいます。
ですから、肌の負担をなるべく少なくするためにも、無香料、無着色のものを選びましょう。
UV効果には影響のない香料や着色料は不要な成分と言えます。

 

 

オイルフリー

日焼け止めに含まれている油分が酸化して、ニキビの原因になったり炎症を起こしたりする場合があります。
こういった肌に影響を与えるものは使わないようにするためにもオイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

 

 

日焼け止めを使用するときに気を付けないといけない点

知らない人も多いと思うのですが、日焼け止めに消費期限があるのを知っていますか?
大体の目安は開封後1年で、これ以上のものは酸化してしまいます。
酸化してしまったものを肌に塗るのはどうでしょうか?

 

 

はっきりいってよくありませんというか絶対にダメです。
酸化したということはサビたのと一緒のことだからです。
ですから、毎年、新しいものを買うようにしましょう。

 

 

また、一日の用事が終わり帰宅したあとは、必ずクレンジングをおこなってください。
日焼け止めには油分が多いので、しっかり洗顔しないと油分が残ります。
油分はニキビの大敵で、すぐに毛穴が詰まってニキビになってしまいます。

 

 

>>次ページ「ニキビに効果的なスキンケア」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る