ニキビに効果的なスキンケア

ニキビに効果的なスキンケア

ニキビを防ぐには過剰な皮脂を取り、毛穴を詰まらせないことです。
ですから、そのためのスキンケアをすることが必要です。

 

 

オイルクレンジングには要注意

メイクをしている場合には、1日の終わりにクレンジングでしっかりと汚れを落とすことがとても大切です。
この時、メイクをよく落としたいからとオイルクレンジングを使う人が多いです。
ですが、オイルクレンジングの使用は控えた方がいいです。

 

 

すでに過剰に皮脂が分泌されているところに油分を付けることで、ニキビができやすくなります。
また、すでにできているニキビの状態を悪化させてしまうことにもなります。
ですから、ジェルクレンジングなど、オイルの少ないものを使うようにしましょう。

 

 

ピーリングを日常のスキンケアに取り入れる

普段から毛穴を詰まらせないためには、ピーリングをするといいでしょう。
ピーリングは、酸性の薬剤を使って余分な角質を溶かしてくれます。
余分な角質を取ることで、毛穴が詰まりにくくなります。
また、肌の新陳代謝がよくなり、ターンオーバーのサイクルにがよくなります。

 

 

大切なのは保湿すること

洗顔、ピーリングをおこなった後は保湿をすることが大切です。
水分が不足すると肌が乾燥し、角質が厚くなっ毛穴が詰まってしまいます。
肌の保湿成分が入った化粧水、保湿美容液でたっぷり保湿をしましょう。
十分に保湿することで、肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

 

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水は、皮脂を抑えてくれる働きがあるので、ニキビ予防にも効果的です。
また、油性の多いスキンケアをおこなうと、肌に余分な油分を与えてしまいます。
これがアクネ菌の栄養源になってしまうので、油分の少ない保湿美容液などを選ぶようにしましょう

 

 

あぶらとり紙の使い過ぎに注意

あぶらとり紙を使いすぎると、皮脂を取り過ぎてしまいます。
皮脂が不足してくると、皮脂が分泌されるようになります。
ですから、あぶら取り紙を使用するときは回数を減らしましょう。
そして、あまり擦らないようにして、優しくおさえるようにしましょう。

 

 

ニキビに効果的なスキンケアのまとめ

1,オイルクレンジングには要注意
2,ピーリングを日常のスキンケアに取り入れる
3,大切なのは保湿すること
4,あぶらとり紙の使い過ぎに注意

 

 

ニキビができたときは油分や乾燥に気を付けないといけません。
これらを皮脂の過剰分泌に繋がったりもします。
ですから、上記のようなスキンケアが必要になります。

 

 

>>次ページ「ニキビ時の肌に優しいメイク法」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る