ニキビ時の肌に優しいメイク法

ニキビ時の肌に優しいメイク法

ニキビができているときはメイクで隠したいですよね?
でもメイクをすると悪化しそうで心配ですよね?
そんな不安を抱えている人にニキビを悪化させないメイク法をご紹介します。

 

 

さらに、ニキビを悪化させないどころかカバーするメイク法です。
これで、外出するたびに気になっていたニキビ肌とはお別れです。
このメイク法でニキビ肌をしっかりと隠すことができます。

 

 

まずは保湿をしっかりとする

ベースメイクを始める前に、肌の保湿をしっかりしましょう。
乾燥した肌は、毛穴や肌の凸凹、シワやシミまで目立たせてしまいます。
乾燥肌はニキビの原因にもなりますし、化粧崩れもしてしまいます。
お化粧前にしっかりとスキンケアしましょう。

 

 

下地は使わないこと

化粧下地は、油分が多いためニキビの元となるアクネ菌にエサを与えてしまいます。
また、ニキビを塞いでしまうことで通気性が悪くなり、悪化してしまいます。
なので、ニキビが炎症を起こしている時は使わないようにしましょう。

 

 

ファンデーションをコンシーラーのように使って隠す

ニキビは“コンシーラー”で重ね塗りして隠す方法は多くの方に知られています。
この方法がニキビをしっかりと隠すことができるからです。
しかし、この方法は重ね塗りをする時点でニキビに何度も触れてしまい悪化させてしまいます。
また、コンシーラーは油分が多いためニキビには悪影響です。

 

 

ですから、メイクでニキビを隠す場合には、“薄付きのパウダーファンデーション”を顔全体に使用します。
ファンデーションはスポンジで塗るより、ブラシを顔と平行に持ってつけることでニキビの悪化を最小に抑えれます。
それでも目立ってしまう場合は、ファンデーションをコンシーラーのように薬指につけて優しくニキビの上にのせます。
指で触るのは1〜2回程度に抑え、上手になじませるようにしてください。

 

 

また、1番良いのは油分の含まれていない“フェイスパウダー”のみをつけることです。
ただ、フェイスパウダーは基本的にはファンデーションの上にのせる粉なのでカバー力はありません。
しっかりめのメイクをしたい日は薄付きのパウダーファンデーションにしましょう。

 

 

ミネラルファンデーションを活用しよう

ファンデーションの中でも肌への負担が少ないのが、“ミネラルファンデーション”です。
しかし、ミネラルファンデーションを選ぶ際は注意する必要があります。
ミネラルとは無機質という意味で、天然の鉱物だけでできたものです。
なのに、中にはミネラル以外の成分が含まれている商品もあるからです。

 

 

ミネラル以外の成分が入っているからといって肌に良くないというわけでもないです。
ですが、ニキビ肌にはできるだけ油分の含まれていないミネラルファンデーションを選んだ方が良いです。
そもそもミネラルだけだからといって肌に全く負担がないわけではありません。

 

 

リキッドファンデーション、クリームファンデーションはNG

粉状とは逆に、液状になっている“リキッドファンデーション”“クリームファンデーション”です。
油分の量が多く、その油分を保つための防腐剤や添加物が多めに配合されています。
つまり、肌にとても負担をかけてしまうということです。
その分カバー力は高く、しっかりメイクには適していますが、ニキビ肌にはNGです。

 

 

ポイントメイクで視線をそらす

目の周りや唇には、ニキビは出来ません。
なので、しっかりとメイクを施すことが可能な場所となります。
ポイントメイクをすることで、ニキビから視線をそらすことできます。
アイメイクやリップなどは積極的に取り入れ、印象的な目元やリップを作り出しましょう。

 

 

ニキビ跡の隠し方

ニキビ跡に関しては、ニキビ事態を悪化させる心配がありません。
なので、ニキビ跡の種類によっては比較的楽に隠すことができます。
色素沈着のニキビ跡は、コンシーラーなどをつけるといいでしょう。
部分的には、ファンデーションの重ねづけやBBクリームを塗ることができます。

 

 

ただし、クレーターになってしまったニキビ跡を隠すのは非常に難しいです。
この場合、凹んでしまった皮膚の部分を詰めるような作業が必要になります。
その部分を埋めるような、シリコンタイプの下地で凹凸を平らにします。
それから、ラメやパール感のあるパウダーを使い反射を利用して目立たなくさせます。
これで完全には隠せなくても、かなりの効果が期待できます。

 

 

ニキビ時のメイクについてのまとめ

1,まずは保湿をしっかりする
2,下地は使わないこと
3,ファンデーションをコンシーラーのように使って隠す
4,ミネラルファンデーションを活用しよう
5,リキッドファンデーション、クリームファンデーションはNG
6,ポイントメイクで視線をそらす
7,ニキビ跡の隠し方

 

 

以上がニキビの時のメイク法になります。
ニキビを悪化させないようにしながら、目立たなメイクができます。
これでニキビのメイク対策はバッチリです。

 

 

メイクをした後は、必ずメイク落としを忘れずにおこなってください。
ニキビ肌のメイク落としには、ジェルタイプのものがおススメです。
オイルのメイク落としは、油分をつけてしまうので、ニキビが悪化してしまいます。

 

 

>>次ページ「ニキビを潰してしまうとどうなる?」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る