ニキビを潰してしまうとどうなる?

ニキビを潰してしまうとどうなる?

ニキビができてしまうとついつい潰したくなる人も多いはずです。
ですが、その行為が大変なことをしているかもしれません。
ニキビを潰してしまうその前にしっかりと知っておかないといけないことがあります。

 

 

まず、どういったニキビであれば潰しても大丈夫なのかということです。
潰してはいけないニキビを潰してしまうことによってニキビ跡になってしまうことがあります。
それこそ、同じニキビでもタイミングによって潰してはいけない時があるぐらいです。
では、どういったニキビの状態なら潰してもよいのか確認していきましょう。

 

 

潰しても大丈夫なニキビ

結論から言うと、白ニキビと黒ニキビだけです。
この2つのニキビは、まだ炎症を起こしていない初期段階です。
毛穴が詰まっているだけのニキビということになります。
ですから、その段階で芯を出すことによって、悪化を防ぐことにも繋がります。

 

 

芯というのは膿のことです。
この膿を出し切ることができれば早く治ります。

 

 

ニキビを潰すことの問題点

膿を出しきれない

ニキビを潰しても膿を出し切れない場合があります。
その場合、再び膿が溜まってくることがあります。
そうすると、治癒が遅れてしまうことがあります。

 

 

強い圧をかける

膿がなかなか出ない場合に強い圧をかけてしまいがちです。
その圧が問題となり、その部分の赤みは長く残ります。
圧が強ければ強いほど残りやすくなります。
また、年齢が高くなると自然治癒のスピードも遅くなります。
色素沈着やシミになる問題も出てきます。

 

 

爪で膿を出す

爪を使うことが一番簡単で膿を出しやすいです。
なので、爪を使って膿を出す人が多いです。
ですが、これは絶対やってはいけません!

 

 

手は菌が非常に付着しやすい部分です。
爪は手の中でも一番菌が多い部分です。
そんな爪を使用すると潰したところから菌が入ります。
そうなると、治すどころか悪化して逆効果になります。

 

 

潰してはいけないニキビ

白ニキビと黒ニキビ以外のニキビは絶対に潰してはいけません。
ニキビ部分に炎症を起こしている赤ニキビに触れたり刺激したりすると、細胞が破壊されます。
その結果、ニキビ跡や色素沈着してシミになる可能性が高くなってしまうからです。

 

 

ニキビを潰してしまうとどうなるのまとめ

1,潰しても大丈夫なニキビ
2,ニキビを潰すことの問題点
  ・膿を出しきれない
  ・強い圧をかける
  ・爪で膿を出す
3,潰してはいけないニキビ

 

 

白ニキビと黒ニキビはまだ炎症を起こしていない初期段階なので潰すことができる。
それ以外のニキビは、触れたり刺激することで、ニキビ跡や色素沈着になる。
炎症を起こしているときに刺激を与えるとニキビを悪化させてしまいます。
そうならないように炎症しているニキビは絶対に触れないようにしましょう。

 

 

>>次ページ「白ニキビを潰すタイミングとその方法」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る