お尻ニキビ

お尻ニキビについて

お尻は普段自分の目で見ることはあまりないと思います。
何かの拍子で、ふとした時に目に入るぐらいでしょう。
そのため、ニキビができていても気づかないこともあります。

 

 

気づかないことでニキビの発見が遅れ、悪化させてしまうこともあります。
ですから、早い段階で気づくことも大切になります。

 

 

他の部位と比べて蒸れやすい

お尻は下着をつけ、ズボンを履くことで空気に触れにくく、通気性が悪い場所です。
更に、下着の素材によっては通気性が悪く、蒸れやすいものがあります。
この蒸れが原因で、アクネ菌が繁殖しやすくい環境になり、ニキビができやすくなります。

 

 

長時間のデスクワーク

長い時間、椅子に座っていると、お尻に汗をかきやすくなってしまいます。
手の届く範囲であれば汗拭くことは簡単ですが、お尻はそういうわけにはいきません。
仕事中だとそのまま放置してしまうことになるので、皮膚に悪影響を与えてしまいます。

 

 

また、座る際に摩擦や体重による圧力がお尻にかかることで、角質が厚くなってしまいます。
角質が厚くなることで、毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌の発生にもつながります。

 

 

血行が悪くなる

下着の締め付けによって血行が悪くなります。
腰を強く締め付けることでお尻周辺の血管が圧迫されるからです。
そうすると老廃物を排出できなくなります。
そこでお肌は、この老廃物を早く出そうとします。
この老廃物がお尻ニキビになります。

 

 

シャンプーやコンディショナーの洗い残し

これは背中と同じですが、お尻も洗いにくく、流しにくい場所です。
自分ではきれいに流しているつもりでも流せていない所も多いでしょう。

 

 

その流し残しが毛穴に詰まることがあります。
シャンプーやコンディショナーに含まれる界面活性剤や添加物などは肌にとっては異物。
肌に残ったこれらの物質が過角化を招くことがあります。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

過度のストレス、睡眠不足、偏った食事などの不規則な生活をしていると乱れが起きます。
この状態が続くと、緊張時に活発化する交感神経が優位となります。
交感神経が優位になると、男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。
男性ホルモンには角質層の柔軟性を奪い、角栓発生を促す作用があります。
その角栓によって毛穴が詰まってしまうわけです。

 

 

>>次ページ「ニキビができたときに絶対にやってはいけないこと」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る