紫外線がニキビに与える影響

紫外線がニキビに与える影響

紫外線は体に悪いものというのをご存知の方は多いはずです。
そういったものがニキビにはどういった影響を与えるのでしょうか?
ただ言えることは、いい影響を与えてくれないと言うことですね。

 

 

このいい影響を与えてくれない紫外線が肌にどういったことを及ぼすのでしょうか?
それでは、どういった影響を与えるのか具体的に見ていきましょう。

 

 

紫外線がニキビに与える影響

そもそも紫外線とはなんでしょうか?
簡単に言えば、太陽からの日差しです。
紫外線は3種類の波長で分類されています。

 

紫外線A波(UV-A)

4〜8月の時期に多く注がれる紫外線です。
紫外線の中でもっとも波長が長く、窓ガラスや分厚い雲も通過してしまいます。
肌にあたると真皮まで到達してしまう作用があります。
そのため、コラーゲンが破壊され、たるみや深いシワを作ってしまいます。

 

 

ニキビ肌にこの紫外線A波があたると、新陳代謝を遅らせたり、活性酸素を発生させます。
さらに、ニキビに炎症をおこさせてしまいます。

 

紫外線B波(UV-B)

4月から徐々に増加し、8月に特に多く降り注ぎます。
9月ごろから減少していき、10〜3月の間は比較的少なくなります。

 

 

紫外線B波は体に対し、紫外線A波の約600倍の有害性があると言われています。
痛みがであり、皮が剥けたりと、目にみえるダメージを受けます。

 

 

ニキビ肌にこの紫外線B波があたると、肌の表面の赤い炎症が悪化します。
悪化するとニキビはより赤みを増し、治りにくくなってしまいます。
治ったとしても赤いニキビ跡(色素沈着)になりやすくなってしまいます。

 

 

さらに、紫外線を浴びると、お肌が自分の身を守る為に角質を分厚くしていきます。
角質が分厚くなると、毛穴が非常に詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。
また、肌の表面の細胞を破壊するので、ターンオーバーが乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れると、肌の再生が追い付かなくなり、ニキビやニキビ跡が治りにくい肌になります。

 

 

そして、紫外線を浴びると活性酸素が発生します。
この活性酸素は肌にある皮脂と結合してしまいます。
そうなると、皮脂はどんどん酸化していき“過酸化脂質”になってしまいます。
過酸化脂質とは酸化されて、古くなった皮脂のことです。

 

 

この過酸化脂質は、周囲の細胞を傷つけたり、皮膚の再生機能を低下させてしまいます。
そのせいで、肌に炎症を起こさせたり、肌の生まれ変わりができにくくなります。
しかも、細胞が壊されるまでに至ると、ニキビが治ってもニキビ跡になりやすくなります。

 

紫外線C波(UV-C)

成層圏及びそれよりも上空のオゾン層と酸素分子によって全て吸収され、地上には降り注ぎません。
ですが、近年の環境汚染によって、このブロックしてくれるオゾン層が徐々に破壊されてきています。
紫外線B波よりも有害なこの紫外線C波が地上に降り注ぐとなると、大変なことになりそうです。

 

 

>>次ページ「白ニキビ、黒ニキビの治し方」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る