微小面皰と白ニキビと黒ニキビ

微小面皰と白ニキビと黒ニキビ

微小面皰(角栓発生)

微小面皰(角栓発生)と言われても聞いたことない人も多いと思います。
多くの人はニキビと言えば顔に出来物ができた状態を想像するでしょう。
ですが、ニキビの最初の原因は角栓によって毛穴が詰まってしまうことにあるんです!
それが微小面皰(角栓発生)です。

 

 

そもそもニキビというのは塞がれた毛穴の内部に皮脂が溜まることでできます。
その皮脂をエサにアクネ菌が繁殖し、炎症が起こることで悪化していきます。
なので、最初に毛穴が詰まって塞がれることが根本的な原因です。
そして、この根本的な原因を起こす元凶こそが角栓なのです。

 

 

最初の角栓によって毛穴が詰まっている状態のことを“微小面皰(びしょうめんぽう)”と呼びます。
ですが、微小な毛穴の中を肉眼で確認することは難しいですね。

 

 

白ニキビ

白ニキビというのは、蓄積された古い角質が毛穴に詰まっている状態のニキビのことを言います。
皮脂がスムーズに排泄されずに、毛穴が大きくなって皮膚がふくらんでしまうのです。
大きさでいうと、直径1〜3ミリ程度になります。

 

 

角質で詰まって表面が塞がっていることから、“閉鎖コメド”“閉鎖面皰(へいさめんぽう)”とも呼ばれています。
アクネ菌によって炎症していないのが赤ニキビと違う特徴です。

 

 

毛穴の表面を塞ぐのは角質だけではありません。
シャンプーやリンスなどの洗い流し切れなかったものや、落とし切れなかったファンデーション、塵や埃なども詰まることがあります。
もちろんこれらも毛穴を詰まらせ、白ニキビができてしまう原因となります。

 

 

また、皮脂の分泌が過剰になることでも毛穴は塞がりやすくなります。
皮脂の分泌が過剰になってしまう要因は、栄養バランスの偏り、不規則な生活習慣やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。
更に、お肌が乾燥することによっても皮脂の分泌量は増えます。

 

 

女性の場合は、この他にも月経前に皮脂の分泌量が増えるときがあります。
これは、月経前になると、黄体ホルモンが卵胞ホルモンの分泌よりも優位になることが原因だといわれています。
黄体ホルモンには、皮脂分泌を増やす作用があります。
急に増えた皮脂が毛穴に詰まることでニキビができたり、悪化したりします。
月経前に白ニキビができやすくなるのには、こうした理由があったのです。

 

 

それと勘違いしやすいのですが、白ニキビは↓の画像のようなものです。
 

 

 

↓のような画像が黄ニキビです。
 

 

 

見た目は白いのですが、周りが赤く炎症しているのが分かります。
これは黄ニキビの特徴の一つです。

 

 

白ニキビと黄ニキビとではケア方法や治し方が違います。
ですから、見た目で間違えないように注意することが大切です。

 

 

黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビが悪化することが原因でなってしまいます。
毛穴から皮脂や老廃物が溢れて、空気に触れて酸化することで黒くなってしまいます。

 

 

黒ニキビは炎症が起きていないので、赤ニキビのような痛みや痒みを感じることはありません。
しかし、白ニキビの状態から悪化しているので、放っておくと赤ニキビや黄ニキビまで進行してしまいます。

 

 

↓のような画像が黒ニキビです。

 

 

ちなみに黒ニキビは毛穴が開いていることから、“開放コメド”“開放面皰(かいほうめんぽう)”とも呼ばれています。

 

 

白ニキビと黒ニキビの治し方について詳しく知りたい方は
「白ニキビ、黒ニキビの治し方」のページを合わせてお読みください。

 

 

>>次ページ「赤ニキビと黄ニキビと紫ニキビ」へ進む

 

あごニキビを徹底対策!原因と治し方を究明し、そして美肌へ… TOPページへ戻る